読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寺子屋クラブ

WEBマーケティング・心理学・統計学・機械学習

人工知能との共存に必要な創造性ってなんだろう?

こんにちは。
今日は今最もホットなトピックの一つ、人工知能に絡めた投稿をしたいと思います。
 
突然ですが、下記記事を見たことはありますか?
 
 新興国の安価な労働力と人工知能の進歩によって、国内から単純労働は減少・消滅すると言われています。そのため、キャリア開発においてはいかに人工知能等に取って代わられない職能を磨いていくかが重要という論調が強まっています。この人工知能が取って代われない固有の能力として頻繁に挙がるのが、創造性とマネジメントと言われています。
 
 マネジメントは多様な人材を同一の目標に向けて方向づけ、彼らの能力発揮を補助することと私は定義しています。具体的な要素としては、「チーム目標の正しい理解/設定」「関係構築能力」「メンバーの個人的欲求とチーム目標のすり合わせ」等々に分解できるのではないでしょうか。しかし創造性の方が問題です。創造性って一体なんなのでしょうか。漠然と「新しいアイデアを生み出す力」的なイメージを持っているだけで、そのために必要な要件をブレイクダウンできなかったので、調べてみました。
 
 拡散的思考と収束的志向という概念を提唱した心理学者ギルフォードは、創造性は下記6要素より構成されると考えたそうです。
 
  1. 問題に対する感受性:課題発見能力
  2. 思考の流暢性:アイデアを多量に生み出す力
  3. 思考の柔軟性:型や常識に囚われない思考能力
  4. 独創性:ユニークなアイデアを生み出す能力
  5. 綿密性:具体的に精微を詰めてアイデアを完成させる能力
  6. 再定義:ものを異なる目的に利用できる能力
 上記6要素を創造性の因数分解であると仮定して、人工知能で代替できない要素を「キャリア開発として期待されている創造性」として抽出してみたいと思います。
 

1. 問題に対する感受性

 課題発見は「現状」と「なりたい状態」との乖離を発見することだと私は考えています。つまり、現状分析(現状を構成する要素を分解)と目標設定(なりたい状態を構成する要素を分解)のマッチングによって、課題は発見されます。このマッチング作業はある程度機械的に処理できそうですが、状態の分解はそうではなさそうです。「現状」と「なりたい状態」は常に更新されていくので、過去のパターンで網羅し切ることは難しいのではないでしょうか。過去に経験がないユニークな状態の要素分解には、ある程度主観的に、新しい切り口を導入する必要があると考えます。そういった意味で、課題発見能力は「キャリア開発として期待されている創造性」と言えそうです。
 

2. 思考の流暢性

 特定の切り口からたくさんのアイデアをアウトプットできる能力はどうでしょうか。これは「組み合わせの材料をどれだけ持っているか」と言い換えることができるのではないでしょうか。ここで出てくるアイデアは、「特定の切り口という属性」と「組み合わせ材料」の掛け算です。材料を沢山持っていれば、一つの切り口から沢山のアイデアを生み出せます。ここまで考えると、人工知能でも問題なさそうですね。膨大な材料をデータベース上に保有できることを考えると、これは人間がやらずにコンピュータに任せたほうが効果的な気がします。

 

3. 思考の柔軟性

 型にはまらないというと抽象的ですが、過去にマッチングされたパターンで安易に納得してしまうのではなく、新しい回答パターンを追求する態度を指している気がします。一見それらしい回答に対して疑いを持ち、別のパターンを引き出せるような問を立てられるか。そういった意味では懐疑性と言い換えができるかもしれません。示された回答の評価が絡んでくるので、人間の介在が必要そうです。「キャリア開発として期待されている創造性」と言えるでしょう。
 

4. 独創性

 ユニークなアイデアとは、今までに試されていない「切り口」と「材料」のマッチングではないでしょうか。過去に良しとされたことがないマッチング結果を提示する能力は独創性と言えるでしょう。しかしこの文脈では、やっていることは思考の流暢性と変わらないのでコンピュータで代替できます。2. で上述した「切り口」や「材料」を新しく創出できるかも独創性の要件と捉えられそうです。「ビタミンが足りていない」という課題において、「サラダ一体型の食事」という切り口に、「うどん」といった材料を掛けあわせて、「サラダうどんを食べる」というアウトプットが出せますが、この「サラダ一体型の食事」のような切り口(しかも頭の引き出しやデータベース上にない)をどれだけ創出/関連付けできるか、こちらは過去のパターンに頼っていては行えないプロセスなので、人間の介在が必要そうです。
 

5. 綿密性

 これは抽象的なアイデアに肉付けをしていくプロセスです。肉付けの仕方にも、①過去の伝統を踏襲する/②新しい肉付けがあると考えられるので、ここも安易にコンピュータで代替できるとは言えなそうです。ただし、肉付けも「トピックとサブトピック」や「目的と手段」などのマッチングと捉えられるので、ギルフォードの6要素の解釈法で、答えは大きく変わりそうです。
 

6. 再定義

 問題やissueを従来とは異なる角度から検討できる能力です。課題発見に限らず、上記の各段階において、”常識”に囚われず、新しい視点を投下できるかです。こちらも従来通りの視点をデータベースよりパターン化し、そこから外れたパターンを提案する部分はコンピュータに利がありそうです。しかし結局評価をする必要があるので、その段階で人間の介在が必要といえるでしょう。
 

まとめ

  創造性を分解し、各要素がコンピュータによって代替できるかを考察しましたが、「データベースにない材料をアウトプットに要する」「アウトプットが課題要件に対して適正かの評価」が絡むものは現状コンピュータでは代替出来なさそうです。しかし今後、データベースの情報網羅性が増すとすると、前者の能力の希少性は低下しそうです。評価基準に関しては、予め想定されるアウトプットを機械的に条件に当てはまるか検討するのはコンピュータでもできますが、そこに想定外のアウトプットを評価する能力はないので、新しい価値を創出するためには、コンピュータによる自動評価は却って足かせになってしまいそうです。
 
ワークショップデザイン論―創ることで学ぶ

ワークショップデザイン論―創ることで学ぶ

 

 

実はみんな発達障害!? パーソナリティー障害について 前編

 こんにちは。

 みなさんは「知らない人と仲良くなる」のは得意ですか?

 ちなみに僕はあまり得意ではないです。では、友達が全然いない根暗な奴なのかというと、不思議な事に周りからはそう見られていないようです。仲良くなった人に、第一印象を振り返ってもらうと、「フレンドリーな人」「軽そうな人」という言葉を頂くこともしばしばです。

 でも自分からすると、自然に仲良くなったというよりは、だいぶ頑張って相手と仲良くなっているんですよね。人の気持ちをこんなに分析している人間も少ないと思います。

 初対面の人に対して、「この人は自分の知っているAさんに似ているな」という印象を受けたら、普段Aさんに対して取っているような言動を心がけるとすんなり仲良くなれたという話を聞いたことがありますでしょうか。僕も人よりもこのカテゴライズを精微に行っている気がします。今までは、自分の経験値からなんとなく行っていたこのカテゴライズを体系的にまとめている書に出会いましたので、今回はその本についてまとめたいと思います。

 

目次

  1. パーソナリティー障害とは
  2. 9つの分類
  3. まとめ

 

1. パーソナリティー障害とは

 パーソナリティー障害とは、それぞれの人が持っているパーソナリティーの偏りのことです。この偏りは主に「遺伝的要因」と「環境的要因」によって構築され、18歳を超えた当たりから固定化してしまうと言われています。人が、自分の指向特性や行動様式を大人になってから変え難いのは、根本にあるパーソナリティーが固定化してしまっているからなのです。

 

2. 9つの分類

 ここでは、9つのパーソナリティーの偏りの特徴(①)と、その偏りが構成されやすい環境要因(②)について説明してきます。

 

 2-1. 回避性パーソナリティー障害

 ①失敗に対して極めて臆病です。そのことが人間関係という面でも現れています。人と物理的・精神的に距離を取ろうとし、目を合わせたりボディタッチを行うことに抵抗感を感じます。そのため人に対して愛着を持つことも稀であると言えます。

 ②自己評価が非常に低いことが特徴で、家庭環境・学校環境で「優秀な誰かと比較されてきた経験」「大勢の前で恥をかかされた経験」があることが多いです。その結果として、プライドを無くし、何事に対しても消極的になってしまうのです。

 

 2-2. 依存性パーソナリティー障害

 ①誰かに尽くすことで心の安定を得るタイプです。非常に優しく、困っている人を見かけたら放っておけない、そんな人がこのタイプです。字面から想像されるような弱々しいイメージとは限らず、社交的で明るい人が多かったりします。悪く言うと、人の顔色ばかり伺っている人と言うとイメージしやすいのではないでしょうか。

 ②構築要因としては、自分の「我」を出す機会が無かったことが挙げられます。親の言うことをずっと聞いてきて、反抗期がなかった良い子ちゃんタイプは、この偏りが構成されやすいです。また、DVが激しかったり、自分の意見を言いたくても言えなかったという環境にいた人も、このタイプになりやすいと言えるでしょう。

 

 2-3. 強迫性パーソナリティー障害

 ①伝統・ルール・秩序にこだわりを持ち、同じことを続けることが心の安定となるタイプです。自分の感情よりも、体裁や評判を気にしたり、ルールを破る存在に対して不快感を感じるのも特徴です。

 ②非常に厳しい親のもとで育てられた人が多いです。決まりに従うことが原則であり、その上で親から褒められたりすると、この偏りが強化されていくといえます。

 

 2-4. 自己愛性パーソナリティー障害

 ①褒められるのが大好きな自信家です。口も達者で、第一印象は非常に魅力的なのも特徴です。その一方で、自分以外を見下している傲慢な心が内には秘められており、他者の痛みに関しては鈍感である一面もあります。

 ②幼少期に過剰に可愛がられた経験があることが特徴です。そのまま温室の中で大切に育てられ、躓いた経験がないまま大人に成るパターンもあれば、途中でその愛情が他者に奪われ、その空白を埋めるために歪な自己愛で補完しようとしたパターンもあります。

 

 2-5. 反社会的パーソナリティー障害

 ①リスクを取ったり、社会常識から外れることにアイデンティティを感じるタイプです。犯罪行為に喜びを見出すというよりも、純粋に危険や強い刺激を好む傾向があるだけなので、人によっては正義を為すことを追求する人もいます。

 ②じっとしていることが苦手で、いたずらをよく働いていた人に多く見られる傾向です。やんちゃであったがために、親や周りの人から否定される中で、人間不信や反抗的態度が強化されていった人が多いです。

 

 2-6. 境界性パーソナリティー障害

 ①強い自己否定と愛情飢餓を抱えています。客観的に見れば魅力的な容姿や能力を持っていても、決してそれを肯定してあげられないタイプです。常に誰かから愛情を向けられていないと不安になり、その向けられた愛情もいつかは終わってしまうものと考え、安定的な状態に入ることが出来ない傾向があります。

 ②強い自己否定感を持ってしまった背景として、幼少期に愛情を奪われたり、見捨てられる経験を経て、心に傷を負ったまま成長してきた人が多いです。また、両親が離婚していたり、家庭内関係が不安定で、自分は愛されなかったという思いを持っているパターンもあります。

 

 2-7. 演技性パーソナリティー障害

 ①外面的魅力やセックスアピールに優れ、そういった点で人々を魅了することにアイデンティティを感じるタイプです。人によっては芝居かかっているという印象を受けるほどオーバーリアクションであったり、何かしらのステレオタイプ的なキャラクターイメージを体現していることもあります。

 ②親が仕事にかまけているなど、無条件の愛情を注がれずに育った方が多いです。そのため、他人に気に入られる別の自分を作り上げる癖があるのです。他にも、親の性的な面を見せられて育った方もいます。

 

 2-8. アスペルガーパーソナリティー障害

 ①共感性が非常に低く、コミュニケーションが一方通行になりがちです。自分の世界に没頭する傾向が強いので、研究職や芸術家のような自分の興味傾倒するタイプです。

 ②遺伝性によって発症するもので、家庭環境などはあまり関係ありません。

 

 2-9. 妄想性パーソナリティー障害

 ①警戒心が強く、人を心から信じることが出来ないタイプです。物事を悪い方悪い方に考えてしまうのですが、初見では明るくフレンドリーな場合も多く、見ぬくのは難しいです。

 ②周りの人から自分の欠点を責められた経験や、親しい人に裏切られた経験をしている人に多く見られます。そういった経験から、人は自分のことを攻撃してくるのではないかという疑心暗鬼にとらわれた考え方が固定化してしまっています。

 

3. まとめ

  いかがだったでしょうか。周りの人がどこにカテゴライズされるか考えてみて、その人の昔話と照らし合わせると意外に合致していたりするので、その人の根本を理解したい方はパーソナリティー障害を意識してみるといいと思います。

 

下記参考図書です。

なぜいつも“似たような人

なぜいつも“似たような人"を好きになるのか

 

 

 

リンクジュースとは? 内部リンク/外部リンクから見えるSEOメカニズム

 以前内部対策に関しては触れたので、今回は検索結果順位に最も影響があるとされている「被リンク」についてまとめたいと思います。

 Googleページランクでは、「多くのサイトからリンクを貼られている」ことが質の高さを担保するとされていました。そのため、リンクファーム(大量のWEBサイトのリンクが載っているだけのサイト)や、ワードサラダ(文として意味の通ってない文章)を用いた無意味なサテライトサイトが大量発生した時期がありました。

Googleのアップデートにより、そういった「ユーザビリティの低いサイトからの被リンク」による評価は無効化はされました。

 

 

f:id:terantera:20160412161537p:plain

 この「被リンク」数によってサイトの評価が変動するメカニズムをLink Juiceと呼びます。概念としては、WEBサイトをジュースの入ったコップに例えています。各WEBサイトは「注ぐ用のコップ」と「注がれる用のコップ」を持っています。「注ぐ用のコップ」にはコップ一杯分のジュースが入っていて、他サイトへのリンクを張る毎に、そのサイトの「注がれる用のコップ」へ、自分の「注ぐ用のコップ」から一定量のジュースが注がれる」ことになります。そうやって決定した自分の「注がれる用のコップ」に入っているジュース量によって、検索順位が決定するというのがLink Juiceの概念です。

 

 

f:id:terantera:20160412162839p:plain

 リンクによって注がれるジュース量は、「注ぐ用のコップに入るジュース量 / 注ぎ元のページがリンクしているページ数」になります。そのため、大量のサイトをおすすめしているページから被リンクを受けるより、自分のサイトのURLだけを貼ってくれた時のほうが、得られるジュース量は多くなります。 また、「注ぐ用のコップのジュース量」は「注がれる用のコップのジュース量」によって変動します。たくさんのサイトから引用されている室の高いサイトから被リンクされるのと、誰も見てない個人サイトから被リンクされるのでは、「質の高さの精度」が異なってくるからです。

 コップのジュースが移動するのは、外部WEBサイトのみでなく、自分のサイトの内部リンクによっても移動すると考えられています。そのため基本的に全ページからリンクを受けているトップページがWEBサイト内で一番ジュース量が多くなることが多いです。

 

 

f:id:terantera:20160412162925p:plain

 HTMLの「follow」「nofollow」というタグによって、リンクの貼り方には2種類の方法があります。「follow」タグは、通常通りジュースを相手のサイトに注ぎこむことになり、「nofollow」タグは、相手のサイトにジュースを注ぎ込まないようにリンクを張ることが出来ます。従来は、「注ぐジュース量 = 注がれる用のコップのジュース量 / followサイト数」だったので、注ぐ量を多くするために、意図的に外部サイトへのリンクをnofollowにするという行為が散見されました。しかしGoogleのアップデートにより、「注ぐジュース量 = 注がれる用のコップのジュース量 / (followサイト数+nofollowサイト数)」という形に変更になったので、nofollowを選んでも、注ぐジュース量が変わらなくなってしまいました。これにより、よりリンクが持つ価値が高まりました。

 

 Link Juiceに基づくと、現在のSEO施策は下記に集約されます。

  1. そもそものターゲットキーワードの見直し(検索キーワード毎にコップの相対的大きさは異なるため)
  2. 良質なコンテンツを増やすことで外部からの非リンク数を増やす
  3. サイト構造の見直しによる内部リンクによるジュース漏れを防ぐ

 

 

参考サイト(画像もこちらから引用しています)

www.woorank.com

SEMは時代遅れ!? インバウンドマーケティングの優位性

 前回のソーシャルシフトのポストに関連して、今回はインバウンドマーケティングについてまとめようと思います。これまでのマーケティング発展の歴史をばっくりと振り返ると、「プッシュ・プル型」「リレーション型」「アドボカシー型」という順にその形を変えてきています。顧客を説得するマーケティングから、顧客に選んでもらえるマーケティングへと変化してきたわけです。インバウンドマーケティングは「アドボカシー型」の発展形とも言え、一口で言うと「顧客の時間軸に即した顧客接点を作る」マーケティング手法を指します。
 

f:id:terantera:20160408234306j:plain

  • プッシュプル型:マスメディアの広告発信により、メーカーがいかにして顧客に製品を買わせるかというマーケティング
  • リレーション型:メールマーケティングに代表される、顧客に密着して断続的に情報提供を行うマーケティング
  • アドボカシー型:顧客満足度の高い支援提供によってリレーション構築し、信頼度を元に購買してもらうマーケティング
 
 上記マーケティング手法の遷移が進行した背景には、インターネットの浸透による企業顧客間の情報の非対称性が解消されたことがあります。その中でも、インバウンドマーケティングのような特に受動的マーケティング手法が注目され始めた理由としては、インターネット上の情報量成長率がユーザの情報消費量成長率を超過したことが挙げられます。
 
 インバウンドマーケティングの概念は、「Marketing」と「Sales」の分離定義にあると思います。インバウンドマーケティングの提唱者であるHubSpot, Inc.は、顧客の購買プロセスをFunnelに擬えて説明しています。この購買Funnelは、下記3段階に分解ができ、上位2段階をMarketingの担当領域、最下位段階をSalesの担当領域と、分離して考えています。
 

f:id:terantera:20160408233855p:plain

  • Top of Funnel:顧客に発見してもらい、その人達からの期待度を上げることで顧客リストに繰り込む段階
  • Middle of Funnel:顧客リスト化した顧客に対して、魅力的なコンテンツを提供し、購買意欲を高める段階
  • Bottom of Funnel:購買意欲の高まった顧客に実際に購買してもらう段階
 
 上記の各段階において最適な接点を用意してあげることで、よりロイヤリティの高い顧客を集めることができ、購買プロセスの効率化を目標とします。各プロセスにおいて、期待されるコンテンツ例を下記にまとめました。
  • ToFu:ex. E-Book 顧客の参加コスト:高 情報量:高 頻度:低
  • MiFu:ex. メルマガ/ブログのフィード 顧客の参加コスト:低 情報量:中 頻度:高
  • BoFu:ex. メルマガ/ブログのフィード上のCall to Action 顧客の参加コスト:中 情報量:低 頻度:高
 
 インバウンドマーケティングのGood Pointは、購買プロセスを分解することで、日々の運用コストを集中・効率化することが出来る点です。インバウンドマーケッターは、初回にE-BookとCall to Actionを作成してしまえば、基本的にはMiddle of Funnelのコンテンツ配信に注力すればよく、従来の全プロセスに対して注力しなければならなかった状態とは効率が桁違いといえます。あとは日々の運用と並行しつつ、ToFu/BoFu向けの顧客接点の改善をじっくりと行えばいいのです。
 

まとめ

  1. 購買プロセスの分解によるマーケティング/営業業務の効率化
  2. コンテンツの充実
  3. 顧客リストの獲得
 インバウンドマーケティングは上記のメリットをもたらしてくれます。1.は前述した通り。2.はCSやToFu向けのE-Bookの増産に役立ちます。3.では、顧客を各購買プロセス毎に管理することができるので、より効率的かつ不快感を伴わないマーケティング戦略が立てられますし、他事業への活用も可能となります。
 
下記が参考図書です。
インバウンドマーケティング

インバウンドマーケティング

 

 

ソーシャルメディアが企業に齎した影響とは?

 今回はFacebook/Twitterを筆頭に、現在では社会の基礎インフラとして浸透したソーシャルメディアが企業顧客間関係にどのような影響を与えたのかをまとめます。マーケティングに限らず、広範に企業活動の在り方が変化したことがわかってもらえると幸いです。

f:id:terantera:20160408024537j:plain

 前提として、ソーシャルメディアは上記3つの企業活動を完全に変革しました。各活動がどのように変化したのか、そしてそれらの変化が末端活動に対してどのように影響を与えたのかをまとめていきます。

 

目次

  1. プロダクト開発
  2. 販売
  3. カスタマーサービス
  4. 企業構造そのものの変化
  5. リーダーシップの変化

 

1. プロダクト開発

 従来は社内のR&Dチームが、「顧客が求めているであろうもの」を考案、独自に開発していました。しかし、ソーシャルメディアの浸透によって、企業は「顧客が求めているもの」を直接ヒアリングすることを可能にしました。その結果、顧客を巻き込んだキャンペーンを実施し、投票等により顧客のニーズを形にしてからR&Dフェーズに入ることが可能になりました。そして、開発したプロトタイプの評価を顧客からヒアリングし、ブラッシュアップするという開発プロセスも容易になりました。

 

2. 販売

 従来の営業マンによる直接的販売チャネル以外の、所謂口コミによる販売チャネルが強化されたのが大きな変化です。情報量の増加につれ、顧客の企業広告に対する不信感が高まってきたことも、口コミ販売チャネルが重要化してきた一因です。

 

3. カスタマーサービス

 CSもソーシャルメディアの浸透によって大きく在り方が変わりました。従来は「顧客からの電話による課題認識/対応する」という受動的なものであったのが、現在では「Twitter等で顧客からの声を見つけ出して対応する」という能動的なものに変化しました。

 

4. 企業構造そのものの変化 

f:id:terantera:20160408031213p:plain

 製造・販売・サービスの変化は、企業活動(バリューチェーン)全体の変化を意味します。企業活動の在り方が変わるのであれば、当然企業自体の在り方が変わります。具体的には、バリューチェーンの各箇所において、より顧客とinteractiveな関係を保てるように企業構造は変化していきます。従来であれば、「サービス部門」においてのみ保有されていた顧客接点を、製造・販売部門も保有することが求められます。そして各機能毎に、より「顧客の声」が優先されるように部門最適が進みます。顧客の声によって各機能に期待されるアウトプットが変わるので、当然指示系統はトップダウンからボトムアップに変化していきます。指示系統の変化は、そのまま求められるリーダーシップの変化にもつながります。

 

5. リーダーシップの変化

 ボトムアップ式に「顧客の声」を企業活動に反映していくためには、従来通りの硬直的なリーダーシップは不向きです。新しい時代のリーダーは、「顧客の声」の重要度を認識し、チームに対してその認識を浸透させ、彼らを巻き込んで企業機能を果たす必要があります。そのためには、メンバーとの密な情報共有と執行権の譲与を進めると同時に、メンバーに十分な責任感を植え付ける必要があるのです。

 

まとめ

ソーシャルメディアの影響というと、「マーケティングの新しい手法」だというイメージがありますが、より広範に企業へ影響を与えていることがわかります。バリューチェーンの各機能が変化することで、企業構造や人材要件へも影響が及んでいるのです。

 

下記が参考図書です。

ソーシャルシフト―これからの企業にとって一番大切なこと

ソーシャルシフト―これからの企業にとって一番大切なこと